FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三次元測定機 社内校正 ~前準備編~

  • 2013/03/01 17:33
  • Category: 校正
ホームページでもお知らせいたしておりますが、

2月24日~3月1日は、メーカーによる当社三次元測定機の校正を行う予定でしたが、

メーカーの都合により、2013年6月3日~6月7日に変更となりました。

という事で、6月までの精度管理に関しましては、半年毎に行っている社内校正にて対応させて頂きます。

本日はその前準備の様子をお伝えしたいと思います。

まずは、「三次元測定機社内校正専用機器」を取り出します。

0017.jpg

これは半年毎の三次元測定機社内校正にしか使用しない測定機器で、

なおかつ二年に一度は、メーカー校正に出しております。

つまり二年の間で、これらを箱から出すのは四回のみです。

しかも私以外は誰も触る事を許されておりません。

0018.jpg

では中身をお見せいたします。

0019.jpg

左から順に、1,000㎜、500㎜、250㎜、125㎜のブロックゲージです。

その他にも、

φ174.998のリングゲージや、

ブロックゲージを重ねたり、角度をつけてセットする為の治具やマグネットを

約20℃で保たれている三次元測定機の石定盤にの上に並べて明日の社内校正に備えます。

0020.jpg

社内校正に使用するプローブ5本も、組立だけは前もって準備しておきます。

というのも、取り付けている間に手の熱が伝わってしまいますので、

組立だけ前日に済ませておいて、校正する直前にプローブ校正した方がより正確です。

(そこまでしなくても、さっと組み立てて10分もおいておけば十分なのですが、

 当日の校正をスピーディーに行う為、当社では前日に準備しているだけです。)

0021.jpg

では明日は、一日かけて社内校正を行いますので、後日その様子をお伝えいたします。

また社内校正に伴い、明日は加工精度診断サービスの受付を停止いたします。

加工精度診断をご利用のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、

信頼出来るデータをご提供させて頂く為に何卒ご理解の程、宜しくお願いいたします。




スポンサーサイト

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。